紛争鉱物 (コンフリクト ミネラル) に関する方針

2012 年 8 月 22 日、米国証券取引委員会 (SEC) は、ドッド=フランク ウォール街改革・消費者保護法第 1502 条に基づき、紛争鉱物に関する最終規則 (「紛争鉱物規則」) を発行しました。この紛争鉱物規則では、上場企業に対して、コンゴ民主共和国または隣接国 (以下「対象国」) に由来する紛争鉱物 (スズ、タングステン、タンタル、および金、総称して「3TG」) の存在を毎年報告することを要求しています。その結果、現在多くの企業は、自社製品に紛争鉱物が含まれているかどうか、どの程度含まれているのか、また、この法律で指定されているコンゴ民主共和国および隣接国に由来する紛争鉱物があるかどうかに注目しています。SEC 規則の目標は、紛争鉱物を生産するコンゴ民主共和国周辺地域の鉱山を管理して資金を得ている武装集団の収益源を絶つことによって、このような武装集団が同地域で引き起こしている内戦や人権侵害の終結を支援することです。

JD Norman Industries は、対象国における暴力、人権侵害、環境破壊を終結させるという目標を支援しています。弊社は、紛争鉱物規則に基づいて弊社に適用されるすべての要件を遵守することを約束いたします。JD Norman Industries は、お客様による紛争鉱物プログラムの実施を支援します。弊社は、紛争鉱物に関するコンプライアンス プログラムを実施する際に、お客様およびサプライ チェーン パートナーと協力して取り組むよう努めています。JD Norman Industries はすべての供給業者に対して、EICC/GeSI 紛争鉱物報告テンプレートを使用して記入した紛争鉱物に関する申告書を提出するよう求めています。弊社は、この方針を遵守しない供給業者と提携関係を結ぶ意向について、これを再考する場合があります。弊社の目的は、紛争のないサプライ チェーンを有することです。

グローバル サプライ チェーンを通じて紛争鉱物を追跡するプロセスは複雑で時間がかかり、一部の部品供給業者やサブサプライヤーには、鉱物を供給源まで追跡するためのリソースが不足している場合もあります。JD Norman Industries は、紛争鉱物規則によって要求される情報について、供給業者が自社のサプライ チェーンを評価するために合理的な精査を行うよう誠実に努力いたします。また、弊社は継続的に弊社の方針を評価し、SEC の紛争鉱物規則の遵守を確認して、必要に応じて調整いたします。

JD Norman Industries は、供給業者に対して以下を要求しています。

  • 各社のサプライ チェーンに対して十分な精査を行い、弊社に販売されている製品に、スズ、タンタル、タングステン、または金が含まれているかどうか、また含まれている場合はどの程度であるか、その鉱物が紛争と関連のない製錬所から供給されているかどうかを判別すること
  • JD Norman Industries に対してその精査結果を報告し、JD Norman Industries が法的義務および方針の目標を遵守できるようにすること
  • これらの鉱物が紛争と関連のない製錬所からのみ供給されるようにして、「紛争のない」状態である、またはその状態になることを約束すること

JD Norman Industries の紛争鉱物プログラムに関する一般的なご質問、お問い合わせ、ご要望は、purchasing@jdnorman.com までご連絡ください。